英国スラング

リラックス!

以前、英国人とお酒を飲む機会がありました。

盛り上がって、かなり酔っぱらってしまったのですが、その時に「呑兵衛」という日本語を教えてあげたんですね。英国では何ていうのかと聞いたところ、piss artistだと言っていました。「オレたちみたいに、ぐでんぐでんになるまで飲むことは、~be pissed up to the eyebrowsと言うんだよ」だそうです。

紳士の国のはずなのに、やたらpissを使うんですね。何となく語源とかイメージは想像できますが・・・。米国ではどうなんでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました